居抜き物件をスムーズに売却するための業者選びガイド
居抜き物件をスムーズに売却するための業者選びガイド » 居抜き物件売却時のトラブル集&疑問解消FAQ » 居抜き物件を売却する際に気をつけたいポイント

居抜き物件を売却する際に気をつけたいポイント

居抜き物件を売却する際、不動産会社の担当者はどこを重要視して査定しているのか気になるところであります。ここでは、居抜き物件を損することなく売却するためのポイントについて説明しています。

不動産会社の担当者が査定するポイント

では、不動産会社の担当者が実際に居抜き物件を買い取るための査定で、重要視しているポイントはどこになるのでしょうか。大きく4つのポイントに分けられてきます。
「すぐにでも飲食店が始められるかどうか」
「厨房機器類のスペックや新しさ」
「所在地」
「賃貸借条件」
の4つになります。
居抜き物件の売買自体、今の時代では決して珍しいものではありません。そのため、上記の4つのポイントをクリアできればできるほど高値で売れる可能性が高くなるということです。

居抜き物件を少しでも高く売却するには?

居抜き物件を少しでも高く売却するにはどういった方法があるのでしょうか。

売却前に解約予告を出さない

居抜き物件を少しでも高く売却するポイントとしまして、不動産を売却する前に「解約予告」を出さないということがあります。要するに、引継ぎ先が決まる前に解約予告を出してしまうと、高く売却することが難しくなるということです。その理由としまして、所有者である家主さんが次のテナント募集を始めてしまうからなのです。
家主さんの主な収入源は家賃収入であります。家主さんが最も懸念することの一つに、所有物件を空き家にしておくということになります。空き家の状態にしているということは、収入がないという意味でもあるのです。そのため、テナントの内装や厨房設備をそのままにしてすぐに貸し出せるのであれば、一日でも早く誰かに使ってもらった方が家主さん的にも得になるのです。
そもそも、売却する際は原状回復してから退去するというのが義務付けられています。仮に、解約予告を出したがために次の入居者が決まってしまった場合、居抜きでの退去ができなくなってしまうのです。居抜きでの退去ができなくなった場合、原状回復費用は借主が全負担となってしまいます。
ということから、売却前には解約予告を出さず、居抜き物件を多く取り扱っている不動産会社に相談をしてからその先を決める方がいいのです。

解約予告を出す前なら様々なリスクが回避できる

解約予告を出して引継ぎ先を探したところで、希望の金額で買い取ってくれる人が見つからない場合が出てきます。しかし、解約予告を出す前であれば、希望の金額で買い取ってくれる人が現れるまで待つことができるのです。最悪の場合、売ることすら辞めて、営業を続けることも可能になります。
少しでも高く居抜き物件を売りたいのであれば、居抜き物件を多く取り扱う不動産会社にまずは相談してみてはいかがでしょうか。店舗売却のリスクを下げるための選択肢は多く持っているはずです。

希望の金額で売却できなかった場合は?

では、希望の金額で売却できなかった場合にはどういった対策があるのでしょうか。

焦りは禁物

仮に、売却しようとしている居抜き物件が、自分の希望額よりはるかに下回る査定額だったとします。本心では安すぎると思って売るのを辞めようと思うことでしょう。しかし、実際はすぐにでも売らないといけないという状況がほとんどだと思います。ただ、ここは我慢して、ひとまずその査定額で売却するのだけは避けた方がいいのです。
正直なところ、時間をじっくりとかけて、自分の条件を満たす後継テナントを探すことも十分に可能なのです。まずは、「最低どれぐらいの金額で売却したい」、「いつまでにはテナントを引き渡したい」、といったことを不動産会社に相談することから始めてみましょう。依頼内容によっては引き受けてくれる業者が見つからないかもしれません。しかし、探せば納得して売却できる不動産会社は必ず見つかります。そうすることで、自分の希望に近づいた売却ができるはずなのです。焦って安い金額で売却するより、自分の希望に近づける業者をまずは探すことです。

信頼できる業者を見つけるまで探す

ここまでは、居抜き物件を少しでも高く売却するポイントについて説明しました。しかし、中には「査定ノウハウを持っていない」、「根拠なく査定額を低く見積もる」、といった業者が存在してきます。そういった業者に出会ったことにより、納得のいかない査定額で売却してしまうというケースも少なくないのです。
他には、相場以上の査定額を出して、「自社専任」にしようとする業者も存在してきます。自分の希望していた金額よりも高く査定してくれたので信用してお願いしたけど、なかなか次の後継テナントが見つからない、といったことも中にはあります。結局、切羽詰まって安く手放してしまうというのがオチなのです。
このように、希望金額よりも高く査定額を出してくれたからといってその業者にお願いをしても、買い手が一向に見つからなければその賃料は借主が払い続けなければなりません。そういった業者に限って何も改善策を出そうともしないのです。業者に任せきりにするのではなく、「自社専任にしておくメリット」、「複数を使うメリット」の双方の経過状況を踏まえて考えなければならないのです。成約の実績データがきちんと提示ができる、現在売却対象になっている事例で話ができるなど、信頼ができる業者を見つけるのが成功への一番の秘訣なのです。

売却の相談はどこにすればいい?

実際、居抜き物件を売却する際はどこに相談すればいいか悩むかと思います。
やはり、実際に買取をしてくれる業者に店舗の買取仲介を依頼し、その時に色々と相談してみてはいかがかと思われます。売却をするということは色々な悩みや不安はありますので、信頼できる業者であればきちんとアドバイスもしてくれるはずです。店舗の売却経験が豊富にあればあるほど、的確なアドバイスがもらえることでしょう。
居抜き物件としての交渉がうまくいかないという場合にコツを教えてくれたり、売却がスムーズにできるようにアドバイスをしてくれるかもしれません。
また、原状回復義務物件だとしても貸主と交渉してくれることもあります。また、売却するには少しでも高く売却したい、できるだけ早く売却したいなどという相談にも乗ってくれますので、居抜き物件の売却で悩んでいるという場合には相談してみるのもいいかもしれません。

居抜き物件売却時に頼りになる買取業者3選
             
業者名 HPへの登録買取
希望者数
買取希望者の
募集方法
物件引き渡し後の
トラブル対応の有無

居抜き売却市場

居抜き売却市場公式HPをチェック!
45,936人 自社専用サイト
ポータルサイト
〇

店舗買取り.com

店舗買取り.com 公式HPをチェック!
45,691人 自社専用サイト ×

ABC店舗

ABC店舗 公式HPをチェック!
31,377人 自社専用サイト ×
居抜き売却市場
HPへの登録買取
希望者数
45,936人
買取希望者の
募集方法
自社専用サイト
ポータルサイト
物件引き渡し後の
トラブル対応の有無
〇
店舗買取り.com
HPへの登録買取
希望者数
45,691人
買取希望者の
募集方法
自社専用サイト
物件引き渡し後の
トラブル対応の有無
×

店舗買取り.comの公式HPで
特徴や買取システムをチェック

0120-3737-18

ABC店舗
HPへの登録買取
希望者数
31,377人
買取希望者の
募集方法
自社専用サイト
物件引き渡し後の
トラブル対応の有無
×