居抜き物件をスムーズに売却するための業者選びガイド
居抜き物件をスムーズに売却するための業者選びガイド » 【業態別】退去時に居抜き物件を高く売るためのポイント » お寿司屋編

お寿司屋編

お寿司屋は、生ものを提供するので食品の温度管理を徹底して、とくに衛生面は気を配らなければなりません。

また店舗の雰囲気も「和」のものであることから、売却者ニーズに制限が出てしまいます。

高く売却するにはここがポイント

寿司屋を開店するとなると、食品の品質管理を徹底しなければ食中毒を引き起こし、お客様からの信頼を失ってしまうので設備をしっかりしなければなりません。

しかしそのための設備投資には大金がかかります。

そこでそのような設備をすでに備えている居抜き物件は人気があります。

とく寿司屋の居抜き物件となると物件数は多くはありません。

寿司屋の居抜きとなると、内装は和テイストの物件になると思うので、 そのようなテイストで出店しようとしている方にニーズが集中します。

立地

一昔前とは違い、お寿司というのは「高級なもの」というイメージから脱却し、 子供から大人のみならず、海外のかたもお寿司目当てで日本にやってくるほどの 国民食となりました。

そのことから、オーナーがどのようなコンセプトの店にするのかで 立地条件も変わってきます。

まず高級店にしたいのならば、その価格に見合った客層が揃う街の方が良いでしょう。

価格設定を高くしたからといって、ニーズがないような場所ならば 人の出入りは少なくなってしまいます。

駅近や高級店が立ち並ぶ立地の方が良いでしょう。

次に小さなお子様も歓迎できる家族連れのお客様が来店できるような お店にするのならば、駐車場完備で広めの店舗が良いでしょう。

立地としては郊外でも構わないと思います。

ただしどのようなお店にもいえることですが、経営者が変わり過ぎている店舗は避けられてしまいます。

いくら人通りが良くても店舗が入れ替わり過ぎているということは、儲からない立地にという印象を受けます。

店舗の広さ

店舗の広さについては寿司屋ということになると、広くても狭くても需要はあります。

オーナーがどの程のお客様を想定しているかによります。

皆さんもお寿司屋のお店のイメージをしてみてください。

回転寿司店は確かに広くなくてはなりませんが、回転寿司店はファミレス要素が強いので例外です。

寿司屋の店舗の多くは、そんなに広くはありません。

そのことから店舗の広さを気にする必要はありません。

しかし広さを気にするよりも、それならば個室の有無の方を気にした方が良いでしょう。

お寿司というには基本、ゆっくりとお酒を飲みながら楽しんだりとリラックスしながら食べるものです。

そのためには個室はあった方が良いでしょう。

現在、個室のある店というのは需要が増加しています。

仕事帰りに同僚や友達と食事をするとなると、 他人に聞かれたくない話になることもあるので、個室の店が選ばれる傾向にあります。

そのようなことを踏まえていくと個室がある店舗の方が高く売却できます。

設備

元回転寿司店のデメリット

まず近年増加している回転寿司屋の居抜き物件は正直敬遠されがちです。

回転寿司店をオープンするという名目があるオーナーは、回転コンベアが設置されているのは非常にありがたいですが、普通の寿司屋を開きたいという人はそうではありません。

あの回転コンベアを撤去するだけでも、高額な撤去費がかかってしまいます。

また使用するとなると設置費用こそ浮いていますが、その後のメンテナンス料や部品交換料、改修工事費用など
店舗が営業している間はこれらのお金が毎月のようにかかってきます。

それならばそのお金で新しい設備を購入した方が今後のためになります。

これがあるだけで需要減でしょう。

冷蔵・冷凍設備

次に冷蔵・冷凍設備ですね。

業務用冷蔵庫を備えているというのは寿司屋のみならずどのような飲食店でも、プラス査定ですね。

ただしキレイかつ、修理経歴のないものが良いですね。

冷凍設備に関しては、超低温冷凍ができるタイプのものを備えているとプラス査定ですね。

お寿司はとくに魚の鮮度と色味が大事になってくるので、 冷凍温度が高い冷凍庫で保存しないと直ぐに変色をおこしてしまいます。

また冷蔵・冷凍設備のメーカーも重要です。

大手のメーカーであればあるほど、メンテナンスも早いですし修理を受けてくれる年数も長くなります。

そしてこれは置く置かないオーナーにより違いがありますが、 ネタケースと呼ばれるカウンターに設置して、お客様にネタを見せておくショーケースのようなものにも冷蔵庫式のものがあるので、こちらもあればプラス査定になります。

その他の設備

電気系統

コンセントの数というのは多いに越したことはありません。

照明は全体的に暗いところと、明るいところの差がない方が良いです

業務用冷蔵庫を設置しると、家庭用電源の単相100Vでは使えないので、3相200Vなどへ電圧を変更する電気工事をすることになるので、高圧電源があると良いです。

エアコンも埋め込み式の業務エアコンを設置してあればそのまま使えるのでプラスです。

厨房用の排気ファンに関しては大容量のものの方が、マルチに使えるのでこちらが設置してあればプラスです。

グリストラップ

次にグリストラップと呼ばれる、店舗から流されてしまう廃油やゴミを 川に流す前に溜め込み水質を保護する設備。

こちらも店舗により容量が異なるので大容量の方が、多分野で使えます。

内装

内装は独創的なものよりも、無難な物件の方が寿司屋以外を開業する人も使えるので、需要が高くなり査定は上がります。

もしも改装工事で壊せないものや、移動ができないものが出てくるような物件だと 需要は一気に低くなります。

元が寿司屋なので無難といっても和装になってしまうので寿司屋以外となると和食店や居酒屋などを開店させる方がメインになるでしょう。

シンク

洗い物や下処理を行うシンクも専用のものがあればプラスでしょう。

あれもなんだかんだ言っても、一台購入するとなると出費は多くなるので あったに越したことはありません。

広くてゆとりのものの方が、寿司屋には需要があります。

カウンター

寿司屋の命と言ってもいいのがカウンター。

こちらも傷や痛みがひどくなく、一枚板のもならば高額査定が狙えます。

カウンターを作るとなると木材だけで何十万〜何百万の世界です。

カウンター1式を作るとなると高額になってしまうため、あらかじめ設置してあれば、想定している開店資金を大幅に抑えることができます。

外装

外装もキレイに越したことはありません。

一軒家の場合、各場所のひび割れ・破損・屋根の状態などもチェックしておきましょう

これらがあると、建物の劣化が早くなり修繕が必要になるのでマイナスです。

テナントの場合は、お店周りの看板・出入り口などをチェックしましょう。

看板も新規で受注すると金額はバカになりませんし、店舗に名前を変更するだけならば 余計な資金を使わなくて済みます。

出入り口も破損等があると修繕を業者に依頼しなければならないのでマイナスです。

居抜き物件売却時に頼りになる買取業者3選
             
業者名 HPへの登録買取
希望者数
買取希望者の
募集方法
物件引き渡し後の
トラブル対応の有無

居抜き売却市場

居抜き売却市場公式HPをチェック!
45,936人 自社専用サイト
ポータルサイト
〇

店舗買取り.com

店舗買取り.com 公式HPをチェック!
45,691人 自社専用サイト ×

ABC店舗

ABC店舗 公式HPをチェック!
31,377人 自社専用サイト ×
居抜き売却市場
HPへの登録買取
希望者数
45,936人
買取希望者の
募集方法
自社専用サイト
ポータルサイト
物件引き渡し後の
トラブル対応の有無
〇
店舗買取り.com
HPへの登録買取
希望者数
45,691人
買取希望者の
募集方法
自社専用サイト
物件引き渡し後の
トラブル対応の有無
×

店舗買取り.comの公式HPで
特徴や買取システムをチェック

0120-3737-18

ABC店舗
HPへの登録買取
希望者数
31,377人
買取希望者の
募集方法
自社専用サイト
物件引き渡し後の
トラブル対応の有無
×