居抜き物件をスムーズに売却するための業者選びガイド
居抜き物件をスムーズに売却するための業者選びガイド » 売り手も買い手も大家もWin-Win!【特集】居抜き物件のメリットと三方良しの理由

売り手も買い手も大家もWin-Win!【特集】居抜き物件のメリットと三方良しの理由

こちらのページでは、居抜き物件の売却・購入・賃貸に関するメリットと、売り手、買い手、大家さんのそれぞれの立場から解説します。

売り手にとってのメリット

まずは売り手のメリットを見てみましょう。居抜き物件を売却するときの一番大きなメリットは閉店コストを抑えられることです。

内装や設備を撤去、いわゆるスケルトン状態にして明け渡すとなると、当然解体工事が必要となります。普通に賃貸物件から退去する場合には預けていた保証金が戻ってきますが、解体工事や原状工事を行うと赤字になってしまうことも。

内装や設備などをそのままにして売却すれば、解体工事の費用もかからない上、保証金に加えて売却代金も貰えるので、利益をあげることができます。

買い手にとってのメリット

スケルトン状態の物件を手に入れた場合は内装工事を行い、設備や備品も一から調達しなければならず、莫大な手間とコストがかかります。

居抜き物件は設備も内装もそのまま残っているので、工事や調達の手間・コストを節約することが可能です。さらに、条件によっては前のお店で働いていた人材も引き継ぐことができるので、従業員の採用や教育する手間・コストを省くこともできます。

大家さんにとってのメリット

居抜き物件は大家さんにとってもメリットがあります。居抜き物件で売却した場合、前のオーナーが退去してもすぐに新しいオーナーが入居するので、空室になる期間がありません。

新しいオーナーはすぐにビジネスを開始できるので、家賃を取りっぱぐれるリスクも少ないです。

スケルトン状態にして閉店した後に買い手を探すとなると、何ヶ月も見つからないことが往々にしてあり、その間家賃収入が得られないリスクも。居抜き物件であれば物件を遊ばせることなく、安定して家賃収入を得ることが可能です。

優良業者が三者を結んでくれる

とはいえ、ご自分で買い手・売り手を探し、交渉するのは膨大な労力がかかります。居抜き物件を取り扱っている専門業者であれば、売り手・買い手・大家さんという三者の要望をしっかりと聞き、うまくまとめてくれるので、居抜き物件の売却のときには不動産会社に相談するのがおすすめです。

特に宅建と古物商の両方の免許を持っている不動産会社であれば、不動産の専門知識があって、中古設備の取り扱いにも詳しいので、居抜き物件の売却がスムーズになるかと思いますので、不動産会社のスタッフが持っている資格についても着目してみましょう。

居抜き物件売却時に頼りになる買取業者3選
             
業者名 HPへの登録買取
希望者数
買取希望者の
募集方法
物件引き渡し後の
トラブル対応の有無

居抜き売却市場

居抜き売却市場公式HPをチェック!
45,936人 自社専用サイト
ポータルサイト
〇

店舗買取り.com

店舗買取り.com 公式HPをチェック!
45,691人 自社専用サイト ×

ABC店舗

ABC店舗 公式HPをチェック!
31,377人 自社専用サイト ×
居抜き売却市場
HPへの登録買取
希望者数
45,936人
買取希望者の
募集方法
自社専用サイト
ポータルサイト
物件引き渡し後の
トラブル対応の有無
〇
店舗買取り.com
HPへの登録買取
希望者数
45,691人
買取希望者の
募集方法
自社専用サイト
物件引き渡し後の
トラブル対応の有無
×

店舗買取り.comの公式HPで
特徴や買取システムをチェック

0120-3737-18

ABC店舗
HPへの登録買取
希望者数
31,377人
買取希望者の
募集方法
自社専用サイト
物件引き渡し後の
トラブル対応の有無
×